最高に輝く瞬間を求める結婚式場選びをしよう

服装の準備

結婚式での服装の注意点

結婚式に招待された際に服装について悩まれる人も多いかと思います。 マナーに沿わない服装は本人が恥をかいてしまうだけでなく、新郎新婦に嫌な思いをさせていまうこともあります。 ここでは結婚式での服装の注意点を簡単に説明したいと思います。 まず女性は、なるべく明るい色のものを選びましょう。 黒などを選ぶ人もいますが明るい色の方が式が華やかになり喜ばれます。 小物類も華やかなもの勧めです。 白いドレス、リアルファーや動物柄のものは結婚式にはタブーとされているので注意してください。 次に男性は、ダークスーツに白いワイシャツとネクタイが基本形となります。 しかし最近では明るい色のスーツなどを着る人もいます。 ワイシャツやネクタイも白に限らず様々な色を楽しむ人も増えてきています。 ただし、黒いものは喪を連想させるためタブーとされています。 マナーを守り、お洒落を楽しんでください。

本来のお祝いの形について

現在の結婚のお祝いについては、結婚式の当日にご祝儀を包んで渡すのが一般的となっています。 けれど本来のお祝いは品物としてあらわすのが正式な方法でした。 今でもご祝儀のほかに贐を贈る場合もあります。 お祝いを渡すタイムミグは結婚式の当日ではありません。 結婚式の1週間前くらいまでに自宅に直接伺い渡すのが正式とされています。 その際には、日柄の良い日を選びなるべく午前中に伺います。 どうしても間に合わないときは日没前の午後3時までに伺ってください。 遠い場合は郵送でも構いませんが、その際にはお手紙を添えることを忘れないでください。 現在ではこのような形でお祝いを贈る機会は少ないと思いますが、血縁関係のある人が結婚する時は正式な形が好まれることがありますので知っておく必要があると思います。